忍者ブログ
5月19日のベアーズ・ライヴは、あいにく、じゃじゃ降りの雨でした。
にもかかわらず、 予想以上にお客さんがいっぱい集まって、すごく嬉しかったです。
ご来場ありがとうございました。

hoca.jpg対バンのホカさんのノイズ・ソロ、Agnus Deiを初めて聴きましたが、意外とハマってておもしろかったです。
ゴスロリ・ファッションに身を包んだ彼女が、エレクトロニクスなどで、教会の聖歌と暗黒の轟音を構成するステージ。
華奢な女性がこういうことすると、そそられますよね〜(笑)
(写真はサウンドチェック直後の彼女をパチリ。でもお顔が真っ白に写ってしまった、、)





山本さんのとの即興デュオは、やる前はドキドキしてたんですが、ステージではリラックスできました。
ちょっと掴みどころのない感もありましたが、全体的にアブストラクトなかんじで充分に楽しみました。山本さんは多少プリペアードした12弦のアコギ主体にカリンバとエフェクトの演奏でした。わたしはラップトップとカオパと声のエレクトロニクス。
以前、彼は「ストラヴィンスキーの"春の祭典"みたいな組曲のようなインプロ」と話してたが、それとはだいぶ違ってたなぁ〜(笑)
うん、でも予定調和にならなくてよかった。
最後には、ホカさんを加えて即興トリオにもチャレンジ!


こちらはサウンドチェックの段階から、山本さんペースにやられてしまった。
ベアーズのベテラン女将PAスタッフのヤスウミさんが伝えにくる。「山本さんがテーブルを買ってくるっていうから、ちょっと入りが遅れるかもですねぇ」
「テーブル?ですか」、、およ?
1時間遅れて彼は登場「ごめんごめん、時間なくてテーブル買ってこれんかった」
ギターは問題なし。次にプラネット・アースというMIDI音源をチェック。
「う〜ん、使い方をよく覚えてないんだなぁ」という山本さん。
PAから昔なつかしい祭り太鼓みたいなサンプル音源がとっぴに出てくる。、、およ?
「まずいな〜、これではコントロールでけへんなぁ、、ちょっと楽器屋に行ってくるわ」
といって出かけてしまった、、。

開演時間ちょっとすぎ。
ホカちゃんと楽屋で「山本さん帰ってきませんね〜、どうしましょう、始めますか?」
って相談していたら、彼はちゃんとギターエフェクターを買って戻ってきました。、、ほっ。

ぷふふ、予測不可能なところも、インプロかも。
と思えてしまえるところが、彼の天才たるゆえんですね〜。


蛇足ですが、あの山本さんのギタープラグを抜き差しするノイズ演奏について、
「あれは昔からある技術で、シールディングって言うんやよ」
てなことも教えてもらいました。
、、そうかぁ!
PR
HACO
歌手作曲家、プロデューサー、サウンドアーティストとして精力的に活動中。
元アフターディナー、ホアヒオ、ヴューマスターズ(現音採集観察学会)を主宰。
隔月刊ニュースレター配信中。

OFFICIAL HACO FACEBOOK
HACO TWITTER
CD SHOP LIST
TWITTER
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
MOBILE
SEARCH
忍者ブログ [PR]